光脱毛とレーザー脱毛の違いは?効果や期間に差が出るってホント?

MENU

光脱毛とレーザー脱毛の違いは?効果や期間に差が出るってホント?

脱毛を受ける際に、その方法が2種類あるのをご存知でしょうか?
いわゆる脱毛サロンと呼ばれる「ミュゼプラチナム」や「脱毛ラボ」などで利用されている脱毛機器は「光脱毛」という手法を用いて脱毛を促しています。

 

 

一方で、「湘南美容外科クリニック」などで使用されている脱毛機器は「レーザー脱毛」と呼ばれる手法を用いて脱毛を促しており、その両者には脱毛に関する効果、痛み、施術時間などが異なる特徴があり、一番利用者が気になる料金という部分においても大きな違いがあります。

 

 

 

利用者にとってはどちらの方が脱毛に対して良いのか?というのが気になるところですね。

 

 

少しでも理想のすべすべ肌に近づけてくれる脱毛法としてどのような違いがあるのか?メリットやデメリットについて触れていきたいと思います。

 

 

1、光脱毛ってなに?

光脱毛は、施術箇所に対して広範囲に光を照射する特徴があります。
光脱毛によって照射された毛根のメラニンは刺激されることにより脱毛を促し、自然とムダ毛が抜け落ちるような効果を生み出すことができます。

 

 

さらに、光脱毛は1ショットの照射で広範囲に及ぼすことができるので、短時間の施術が可能という特徴もあるほか、脱毛というと痛みが機になるところですが、レーザー脱毛に比べると照射能力が弱いため痛みも控えめという特徴があります。

 

 

 

2、レーザー脱毛ってなに?

レーザー脱毛は、まず医師の下でなければ使用することができない専門知識の有するものでしか扱うことができない器具を扱う脱毛方法という特徴があります。

 

 

 

そのため、医療施設や医療従事者のいるシーンのみで使えます。

 

 

 

その理由として、レーザー脱毛で使用する脱毛機器は出力能力が高く、光脱毛に比べるとリスクが高いためだと言われています。

 

 

また、出力が強いため麻酔クリームを使用して行うなど、痛みも強まる施術となるため免許や知識のないものが扱ってはいけないというのも頷けることでしょう。

 

 

 

また、レーザー脱毛で施術を受けると光脱毛よりも脱毛効果の持続期間が長くなるという特徴があるほか、永久脱毛にも期待ができる施術方法となります。

 

 

このようなことから、一般的にレーザー脱毛の方がどの部位を施術したとしても、料金は若干高めとなるのであらかじめ把握しておくと良いでしょう。

 

 

 

3、どちらを受けても注意事項は同じ

光脱毛とレーザー脱毛はその能力や効力に違いありますが、利用者が事前に注意しておくべき項目は同じです。

 

 

例えば、施術前に日焼けをしないようにするということにおいては、光脱毛もレーザー脱毛も共に黒いメラニン色素に反応します。
そのため、メラニン色素が濃い部分に対しては、痛みを伴うことがあるため、日焼け後には施術のタイミングをずらすようにした方が良いでしょう。

 

 

 

また、生理前や肌が敏感な時期の施術も控えた方が良いでしょう。

 

 

 

 

4、毛周期に合わせて予約を入れておきましょう

少しでも早くすべすべ肌になりたい場合は、毎月通えばいいと考えているかもしれません。
しかし、施術間隔をしっかりと守って通うことが重要なのをご存知でしょうか。

 

 

 

人間の体は毛周期と呼ばれるムダ毛の生え変わる周期があります。
ムダ毛処理に関しても、この毛周期に合わせて新しいムダ毛生え変わる時期を見ながら調節することで、着実にムダ毛を生えにくい環境に整えていくのです。

 

 

 

むやみやたらに予約を詰め込めば良いというわけではないので、正しく自分の毛周期や肌の調子を確認しましょう。

 

 

わからない時にはスタッフが、次回までの適切なお肌の休息時間を教えてくれますので、アドバイスに基づいて利用するようにしていきましょう。

 

 

すべすべ肌にを手にするためには半年から1年ほどかかると見込んでおくと良いでしょう。