セルフ脱毛の効果と肌トラブルについて書いてみました。

カミソリでセルフ脱毛しようとしている女性

何度も生えてくるムダ毛に嫌気が差している人も多いでしょう。
ムダ毛は思春期を超えた頃から生えてくる場合が多いですが、他の人よりも濃い場合などは悩みのタネになってしまうことも少なくありません。

 

 

サロンでの脱毛というと、お金も時間もかかるし、他人に肌に見られるのが恥ずかしい、などの理由でスタートできないケースも多いでしょう。

 

自宅でのセルフ脱毛は肌トラブルの原因に!

自宅で自分で脱毛する場合、お風呂あがりや、入浴中に脱毛することが多いと思いますが、その脱毛法、実は肌トラブルの原因になることもあるんです。

 

 

お風呂あがりは肌の脂がとれて、デリケートになっている状態。
そんな中脱毛すると、毛穴に負担がかかり、肌の黒ずみや炎症を引き起こすことも。
同様に、入浴中も肌がデリケートになっているし、また、毛穴に細菌が入ると炎症の原因になります。

 

 

脱毛サロンでの脱毛は、肌に専用のクリームを塗り、しっかり肌を保護してから脱毛するので、肌への負担が少なく、肌トラブルを防止します。
脱毛後も、美肌効果の高いトリートメントクリームでしっかり保湿してくれますので、キレイな肌が長持ちします。

 

 

背中やデリケートゾーンなどセルフ脱毛では限界が…

自分で脱毛すると、背中やデリケートゾーンなど、見えないところの脱毛に限界がありますよね。
背中やVゾーンも以外と産毛が多く気になる人も多いでしょう。

 

 

サロンでの脱毛なら自分では見えないところも脱毛することができ、水着やウェディングドレスなど肌を露出する際でも安心です。

 

 

特にデリケートゾーンは、毛が濃く、毛の流れもバラバラで脱毛が難しいところです。
さらに、肌がデリケートなので肌トラブルも引き起こしやすく、セルフでの脱毛は危険です。

 

 

サロンでデリケートゾーンの脱毛は勇気がいる、、、。
誰でも下半身を露にすることは抵抗がありますよね。

 

 

でも安心して下さい。
下着は身に付けませんが、サロンによってはデリケートゾーンを脱毛する際に、紙でできたパンツを着用するところも少なくありません。

 

 

 

いきなりサロンでの脱毛は不安、、、という方も、事前の相談を実施しているサロンもありますので、自分の肌状態を詳しく説明し、自分の肌にあった脱毛をしてもらうことができます。

 

あなたに合ったさまざまな脱毛プランがあります。

お金がかかるから嫌だというなら、セットコースや定額で脱毛し放題のプラン、またはキャンペーン期間などをうまく利用すると、おトクに脱毛できますよ。

 

 

脱毛後の黒ずみやブツブツ、ヒリヒリ痛い、などの肌トラブルにお悩みの場合は、ぜひサロンでの脱毛にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

脱毛サロンに通う前に、あなた自身のカラダについて少し勉強しましょう。

 

 

カラダの毛の種類を説明します。

人間のカラダに生えている毛は、生えている場所ごとに種類が違います。
大きく分けて2つあります。

  1. 性毛
  2. 無性毛

 

性毛は思春期に性ホルモンの影響によって生えてくる毛です。
ワキの毛やデリケートゾーンの毛、男性のヒゲなどです。

 

一方、無性毛はそれら以外の毛を指します。

 

脱毛エステに通う際に、重要になる毛周期

性毛と無性毛によって異なるんです。
脱毛は、それらの毛周期に合わせて施術する方が効果的ですよ。

 

 

目に見えている毛は体毛の約20〜30%。
そのため、毛が生えかわって新しい毛が目に見えるようになってから、また施術します。
毛の種類によって脱毛サロンに通う期間も違ってくるんですね。

 

参考:ストラッシュなら毛周期に関係なく施術できます!最短6ヶ月で脱毛完了

 

個人差はありますが、性毛の毛周期は早い人でも1年です。
一方、無性毛の生えかわりは、2〜3ヶ月です。

 

 

これは毛のサイクルが短いので、結果が見えるのが早いですよ。

 

 

あなたが脱毛したい箇所によっても異なってきますが、性毛と無性毛を別のサイクルで施術すると経済的にもおトクかも。

 

 

たとえば、腕や脚などを2回脱毛する間に、ワキやデリケートゾーンの脱毛は1回のペースにします。
毛周期を考慮せずに脱毛しても効果は期待できませんので、このように部位によって感覚を変えることで、低コストで脱毛を進めることができます。

 

 

施術当日の服装について

当日は、いつも通りの服装でOKです。
あえて言うならば、脱ぎ着しやすいものだと楽ちんですね。

 

服の素材はチクチクしないものを選びましょう。
刺激がないものです。

 

なぜかというと、お手入れのあとは、いつもよりもお肌がデリケートになるからです。

 

 

素肌の露出は最小限に

それからなるべく、素肌の露出し過ぎない洋服の方が、サロンでのムダ毛のお手入れの日には適しています。

 

 

お手入れをしたあとのお肌は、とても敏感になっています。
いつもだったら平気な皮膚への刺激であっても、施術後にはささいいな外部刺激が、肌にとっては大きな刺激と感じやすいです。

 

 

 

脱毛サロンのフラッシュ脱毛ではムダ毛が生える土台の毛根組織にダメージを与えて結果を出す事になり、痛みに関してもクリニックの医療脱毛よりも小さくて、痛みに対して弱い方でも利用出来る可能性があるのは大きなメリットです。

 

脱毛サロンを効果的に利用するためのポイント

まずは業者選択は重要です。
また脱毛をスタートさせる時期や、そのための用意を整えることも大切ですね。

 

 

世の中には、脱毛サロンがいっぱい。
それら数多くの脱毛サロンを比較していかなくてはいけません。

 

 

各サロンごとに料金プランやサービスの内容が違ってきますから、脱毛を希望する部位によってはおトクなサロンも変わってくるのです。

 

 

 

キャンペーン設定がある業者ではお得に脱毛する事が可能であり、キャンペーンの適用条件等をチェックする事も必要ですし、通って負担にならない場所にあるかどうかも大きなポイントになります。

 

 

 

 

脱毛サロンの施術は一度行うのみではムダ毛がツルツルになるわけではなく、発毛サイクルに合わせて2~3ヶ月に1度程度の施術を重ねて結果を求めていくものです。

 

 

 

ですから、通う場所が遠いと負担が大きくなって途中で続けられなくなる事もありますから、サロンがある場所というのも大きな選択ポイントです。

 

 

値段やサービス・施術の具体的なこと、アクセスの良さなどを考えましょう。
しっかり比べて選んだとしても、そこで絶対的な決定しないことも重要。

 

必ず無料カウンセリングを受けて、サロンとの相性をチェックすることも必要です。
いくらネットで評判が高かったとしても、やっぱり相性の合う、合わないってどうしてもありますから。

 

 

さまざまな情報収集のうえでサロンを選ぶことで、あなたが納得できる施術が可能になりますから、サロン選びは慎重に行っていきましょう。

 

 

脱毛をスタートさせる季節にも注意して

ストラッシュのように日焼け肌でもOKのサロンもありますが、焼けていると施術を断られるサロンも数多くあります。
その場合は、秋口あたりで紫外線の量が少なくなってからスタートさせた方がいいかもしれませんね。

 

日焼けした状態では色素にレーザーが反応してしまい、毛根へのダメージを与えることが難しくなりますから、日焼けは避けたうえで施術に臨みましょう。

 

 

こうした準備を整えたうえで施術をすると、効率良く結果が出ますし、施術を重ねるにつれて自己処理負担が減っていきます。
最終的には納得できる状態まで施術を続けて、ムダ毛をなくしましょう!