夏の脱毛サロン通いの大敵は紫外線だった!シミ・日焼けにご注意を

夏のイメージ

お肌のために女性ならたいていの人は紫外線対策をしていますよね?
シミが増えてしまっては困るし、紫外線は肌の奥にあるコラーゲンまで破壊してしまうから美容の大敵です。

 

そんな紫外線は普段のお肌に良くないだけでなく、夏に脱毛サロンに通っている人にとっては実は一番気をつけなくてはいけないことなんです。
まずは、どうして脱毛すると紫外線が良くないのかを知っておきましょう。

 

脱毛サロンの施術方法は光脱毛という方法でお肌に特殊な光を当てて、それがムダ毛に吸収されて毛根までたどり着いて、ムダ毛の元にダメージを与えているんです。

 

ムダ毛が黒くて目立つのはメラニンがたくさん含まれているからで、脱毛サロンの光はこのメラニンに反応して脱毛できる仕組みになっています。

 

メラニンと聞くとピンと来る方も多いのでは?

 

そうなんです。

 

紫外線を浴びてしまうと肌が黒く焼けてしまうのは、肌の奥で大量にメラニンが作られてしまうからなんです。

そんなメラニンたっぷりの肌で脱毛サロンの施術を受けてしまうと、メラニンに反応する脱毛機の光がムダ毛じゃなくて肌に反応してしまうんです。
肝心のムダ毛への反応が鈍くなって毛が抜けなくなってしまって、脱毛効果がさっぱり出ないなんてことになってしまいます。

 

それだけじゃなくて、肌に脱毛機の光がたくさん吸収されてしまうと光を浴びた分肌内で熱が発生してしまって、火傷やみずぶくれなどの皮膚疾患になってしまうこともあります。

 

焼けてしまったお肌で施術しようにも脱毛効果は出ないし、何より火傷しちゃうかも。
せっかくサロンに足を運んでも施術してもらえないでしょう。

 

2ヶ月や3ヶ月に1回しか通えないのに1回施術が受けられなくなっちゃいますから、プランによっては回数が1回減ってしまったり、施術を受けていないのに月額料金だけ取られたりと、踏んだり蹴ったりになるんです。

 

紫外線というと一番気になるのが夏ですね。
ジリジリ太陽が照り付けていて、つい日焼け止めを塗り忘れて外に出てしまうと、こんがりしていたなんてことも。

 

日焼け止めをこまめにぬりましょう。

意外と盲点なのが足の甲。
そこだけぬり忘れてしまって、帰る頃には足の甲がサンダルの形にこんがり焼けていたなんて経験はあなたもあるのでは?

 

このうっかり日焼けがくせもので、夏場の脱毛サロン通いでは一番注意しなくてはいけないポイントです。
たった1回のうっかりで日焼けしてしまって、脱毛サロンの予約日に行ったら施術してもらえなかったなんてことにならないように、夏場の紫外線対策は絶対に手を抜いちゃダメ。

 

脱毛部位には徹底的に日焼け止めをぬって、2〜3時間おきにまたぬるクセを付けましょう。
めんどくさそうですが、これぐらいしないと夏の紫外線は思った以上に強力なので、知らない間に日焼けしてしまっては大変です。

 

それに、夏場の外出は汗ダラダラになるから、汗でせっかく塗った日焼け止めも流れてしまうんです。
だから、こまめに2、3時間おきに日焼け止めを塗り直して、しっかり紫外線を防ぐのが大事なんですね。

 

それから、帽子や日傘、UVカットカーディガンなど、日焼け止めだけに頼らずにこうした身に着けるもので紫外線を防ぐのも効果的です。

 

日焼け止めの塗り忘れやムラになっていて薄くなった部分も、これらのアイテムでしっかり防御できます。

 

もし焼けて肌に赤みが出たら、真っ先に冷やして火照りを取り除きましょう。

日焼けしてから48時間以内のケアが勝負どころで、正しいケアをしてあげるとメラニンが作られずにすんで肌が黒くなるのを防げるんです。
肌の火照りが取れて落ち着いてきたら、今度は保湿と美白です。

 

紫外線は水分を大量に奪ってしまって肌が思いっきり乾燥してしまうので、たっぷり化粧水で水分を与えてあげるようにしましょう。

 

とにかくメラニンを防ぐのが最重要事項なので、ビタミンC誘導体などの有効な美白成分が入った化粧水を何度も付けてあげて、メラニンを発生させないように頑張りましょう。

 

夏の紫外線はなめてかかっては痛い目にあいますし、脱毛サロン通いの大敵です。
せっかくつるつる肌になるために頑張って通っているのだから、夏の紫外線対策だけはしっかりやるようにして、せめて脱毛部位だけは日焼けさせないように全力を尽くしましょう。

 

わたしがイチオシするのはストラッシュです。