施術当日の服装は何を着ればいいの?

脱毛のお手入れに行くときには、当日はどんな服装で行けばいいのか、最初は迷うことがあるでしょう。
当日は、普段通りの服装で構いません。

でも着替えを考えると、服を脱いだり、着たりしやすい格好が楽ですよ。

服の素材にもこの日は少しだけ気にして、皮膚にチクチクした刺激がないような、衣類の素材を選んだほうがいいでしょう。

施術後は、皮膚の抵抗力も守る力もややダウン気味なため、露出が多いファッションで出かけてしまいますと、強烈な紫外線からの刺激も、受けやすくなります。

施術時は専用のラップタオルなどに着替えるので、当日の服装はあなたの自由です。
でも気をつけたい点があるので、今回はそれについてお話します。

目次

当日は、脱ぎ着しやすい服装で

サロンでのお着替えを考えると、すぐに脱ぎ着しやすい服がラクです。

エステティシャンはお客さんのお着替えを待っているので、あまり長く時間がかかってしまってもいけません。

また、着替えをしやすい服装の方があなた自身も快適でしょう。
サロンではひとりひとりのお客さんに、割り当てている時間が決められています。

なので、その時間内で、処理を終わらせる必要があるのです。
その時間にはお着替えの時間も入っています。

サロンに到着をしてから、脱ぎにくい服装で行ったばっかりに、処理にあてる時間が短くなってしまったら損ですよね。
サッと着替えられる服の方が、サロンにとってもあなたにとってもウィンウィンです。

服の素材にもこだわって、肌を大切に

サロンにムダ毛のお手入れに行く日は、いつもより服の素材にこだわってみましょう。

お手入れをしたあとのお肌の状態は、普段よりもほのかに熱を持っている状態になります。

なのでサロンへ行くと決めたら、その日は素材をチェックして、通気性の良い服を選んで着用をするといいでしょう。

脱毛後はほてりのある肌になっているので、通気性が良い素材なら、素肌をひんやりさせることができます。

ナイロンやポリエステルなどの素材は吸収性が低いので、発汗したら汗でベタベタ。
こうした素材はサロンへ行くときには不向きです。

日本は春から秋にかけて気温が上がり、汗をかきやすいシーズンになります。

なので、春から秋の季節の時には、なるべく素材が汗を吸い取ってくれるものであり、涼しいと感じられる洋服を選択するといいでしょう。

サロンへ行くときに選びたい洋服の素材としましては、シルク素材やレーヨン、リネンなどの素材を使っている洋服なんかは良いものです。

ボディの締め付けは厳禁!

基本的にサロンへムダ毛のお手入れに行くときには、できるだけボディを締め付けたりはしない、ゆったりした服を選んだほうが良いでしょう。

見た目にもシルエットには余裕があって、キュッとボディを締め付けない服です。
処理後は肌がほてりますので、ゆったりしたシルエットの洋服は、肌にとって優しさがあります。

ボディにフィットするような洋服は、締めつけの力が強いですし、それがお手入れ後の素肌には刺激になってしまいます。

締め付けてしまうことで、皮膚には炎症が起きてしまったり、皮膚にかゆみを生じることさえ有り得るので、素肌を大切にしたいなら、締めつけの強い衣類は控えたほうが良いでしょう。

パーツ的にもデリケートゾーンの処理をする日であれば、下半身を締め付ける服はやめておくこと。
ボディの締めつけのクイーンである、ガードルは避けるのが無難です。

タイツやストッキングも避けましょう

それからタイツやパンティストッキングなども、薄い素材ではありますが、下半身をキュッと締め付けるには違いないので、その日は着用は避けておきましょう。

紫外線がもっとも強い時期はいつ?

気温が上昇する夏場の暑いシーズンになったら、ファッションは露出の少ないデザインを選びましょう。

夏場が最も紫外線が強いと思っている女子もいるでしょうが、確かに8月も太陽はギラギラしているものの、実は紫外線が最も強いのは、5~7月です。

なので、紫外線が強くて暑い季節というのは、真夏だけの話ではなく、春から夏にかけての時期になります。

シミやそばかすを防ぐ!紫外線対策をバッチリしましょう

この時期にサロンに予約を入れるとなったら、素肌をたくさん露出してしまう、オープンは洋服は避けましょう。

サロンへ行くときになったら、なるべくお肌が隠れる洋服にしておくのがベストです。

もしもノースリーブなどを選びたい時だったら、サロンへ行くことを考えて、夏用のサマーカーディガンを羽織ると良いでしょう。
その分だけ、皮膚の露出は少なくて済むからです。

素肌をいかに露出しないで済むか、洋服への工夫はとっても大切です。
上半身もですが、下半身の洋服だって過剰な露出は、サロンへ行くならやめたほうが良いでしょう。

脚を見せたいファッションが好きであっても、施術日だけは、ミニのパンツやスカートはお休みすることです。
スカートを着用するなら、ロングスカートにしておきましょう。

パンツはゆったりしたズボンが適切です。
当日に顔の脱毛をするとしても、メイクはOK!

お手入れ前に洗顔できるので、外をすっぴんで出歩かずにすみます。

帰りは紫外線のことを考えて、すっぴんよりも、UVカットのクリームや、メイクをしたほうが、素肌を守ることができますよ。

ほとんどのサロンにはメイクルームが完備されてるので安心ですね。

紫外線で老化する

素肌にとって紫外線はとんでもない影響力を及ぼします。

それがムダ毛のお手入れ後の、とてもナイーブな肌にでしたら、余計に刺激になってしまうことになります。

素肌に紫外線が良くはないのは、日焼けでの肌老化は既にご存知のことでしょう。
素肌にとって今の時代は知られるようになったことですが、素肌には紫外線は悪影響でしかありません。

弱っている皮膚に紫外線を浴びてしまいますと、皮膚にはシミやソバカスがたくさん出来やすくなります。

シミやそばかすにも注意!

紫外線でのシミやそばかすはよく知られていますね。

本来は皮膚を守るために基底層に存在をしているメラノサイトの発動により、たくさんのメラニン色素を作り出すことになります。

この働きによって、強い刺激となる紫外線が、皮膚の奥深くまで入ってくるのを防ぎます。
本来この働きは、お肌を守るための防御システムです。
人間のお肌のためにも、体のためにも本当は大事です。

健やかな代謝のよい素肌であれば、いくらメラニンが生成をされたとしても、皮膚の新陳代謝で、それが皮膚の表面へと押し上げられます。

そして、やがてそれは垢となって、自然にはがれ落ちていきます。

ですが皮膚の代謝が落ちると、その機能自体も低下します。

ほんの少し紫外線を浴びただけでも、悪影響は大きい!
シミやそばかすができてしまうと、なかなか消し去ることができません。
さらには紫外線によっては、肌の老化をヒートアップさせてしまうから、困りものです。

ですから、脱毛サロンで施術する日は、できるだけ肌の露出の少ない服を着用しましょう。

上は長袖、下はミニスカートやショートパンツではなく、ズボンなどの方が紫外線から肌を守ることになります。
更には帽子をかぶってみたり、日傘を差すなどしてもいいでしょう。

顔脱毛はすっぴん?

それから顔の施術のときにはすっぴんになります。

サロンまで行くのにすっぴんは抵抗があるという女性は多いですが、サロンでメイクオフができますので、普段通りメイクをしていっても大丈夫です。

毎日のメイクは欠かせないという女性にも、こうした点は安心ができますね。

施術を終わったあとは、ストラッシュなら完全個室パウダールームでメイクをしてから帰ることができますので、行きも帰りもメイクの心配はしないでしょう。

紫外線のことは気になるでしょうから、日中にサロンへお手入れに行くのであれば、日焼け止めクリームを持参すると良いですね。

お手入れをしたあとは肌は敏感ではありますが、そのまま太陽の下を、UVケアなしで歩くほうが、お肌には刺激が強くなってしまいます。

だから、いつも使っている日焼け止めクリームをサロンへ持って行って、お手入れが終わったあと、帰りには着替えをしたあとに、肌の露出をしているパーツに、日焼け止めを塗るようにします。

夜の予約でしたら、太陽もすっかり沈んでいますので、特にお手入れの必要はありません。
ですから何時に予約してるかによっても、お肌を守る対策は違ってくるということです。

夜の予約だったら、皮膚への刺激の少ない、柔らかい洋服の素材を着用することを、意識するとで良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる