カミソリ処理のデメリットは何?自己処理に隠された危険性をチェック

ラココなら、顔やデリケートゾーンも含む全身のパーツを、お手入れすることができます。
顔もボディもムダ毛なしのツルツル肌は女性にとって憧れですよね。

でも、脱毛サロンでのムダ毛のお手入れは初めてであったり、あまり予算的に最初はお金をかけたくないなど、いろいろな理由があって、最初はワキだけなど、まずは1部位から始めるということが、よくあるパターンです。

目次

ココだけは毛をなくしたい!ワキ毛

女性たちが最も気にしているのは、ワキのムダ毛です。
日本人は恵まれた、キメの細かい美しい素肌を持っています。

その素肌は透き通るような白さであり、東洋の美しさを完璧に備えていて、素肌の美しさだけでも魅惑的なものです。

そして毛の色に関しては、艶やかな黒い色がトレードマークであり、それは体毛に関しても同じことが言えます。

すごく恵まれてはいるものの、だからこそ体毛が目立ちやすいという悩みも生じてしまいます。
ムダ毛がない方がいいですし、最も気になってしまうのは、まずはワキのムダ毛です。

わりと人目につきやすいパーツですね。
夏になれば半袖になりますし、電車通勤などでは半袖の隙間から、ワキがチラリと見えてしまいます。

それに夏は、心躍るような海やプールが待ち構えているわけです。
そんな夏のバカンスに心浮かれながらも、世の女性たちはムダ毛処理に追われることとなります。

カミソリのお手入れが日課の場合は色素沈着に要注意!

自己処理をするために、特に夏になったらカミソリのお手入れは、ほぼ毎日の日課にもなります。
ワキの体毛は驚くほどに、毛質は太くて丈夫であり、しかも色は黒々としていて、余りにも存在感がありすぎます。

だからシェービングをしても、翌日には少し成長をしていますし、それを処理しないままでいると、まるでゴマみたいな黒いブツブツが目立つという、笑えない状態にも陥ります。

ふとした拍子にワキを誰かに見られたら、恥ずかしいなんてものではないでしょう。
女性たるもの、たとえ毛が生えていても、絶対に周囲には悟られたくはないのです。

だから彼女たちは、誠に涙ぐましい努力をして、ムダ毛を処理するために、多大な時間を費やしているのでしょう。

自己シェービングは、何回も繰り返してしていると、皮膚に多大な負担を与えてしまいます。

「百害あって一利なし」と言う諺がありますが、カミソリ処理は本当にその通りです。
簡単にムダ毛の存在は消え去りますが、それは一時的なものです。

翌日にはうっすら生えてきますし、そうなるとワキの皮膚はチクチクして、痛いようなかゆみを伴うことになります。

自分自身でも皮膚にかゆみが生じていることがわかりますが、そんな中途半端な状態を、うっかりと誰かに見られたら大変です。
それに、カミソリ処理を重ねていくと、必ず皮膚には色素沈着が現れます。

女性たちが悩みとして挙げていることは、ワキの皮膚が黒くなってしまったことです。

まず理解しておくべきことは、生まれた時からワキが黒ずんでいる人はいません。

この世に生を受けたときは、赤ちゃん肌そのものの、白くて美しい素肌に恵まれています。
誰しもが生まれた時には、すこやかな赤ちゃん肌だったのです。

しかし大人になるにつれて、ワキにも体毛が生えてくるようになります。
ここからの対応によって、女子たちのワキの色は変わってくるのです。

カミソリで自己処理するデメリットは?

自分でムダ毛を処理しようとなったら、すぐに入手ができてお手軽な、T字カミソリは楽ですね。
安いですし使い捨てできるので、多くの場合はカミソリ処理の道を通ってきているはずです。

しかし安くて便利な反面で、思わぬデメリットももたらすのが、カミソリ処理でのシェービング法です。

一時的にムダ毛は表面上からは消えるものの、毛根はバッチリ残っているので、当然のごとく再生します。

すくすくと生えてきて、またワキにふさふさと君臨をするのを繰り返しています。
そこで女子たちは脇の毛をスルーはできないために、すぐに脇の毛のカミソリ処理に入ります。

この繰り返しで皮膚に何が起こっているかというと、カミソリの鋭い刃によって、皮膚が削られていってるのです。
皮膚は大きなダメージを負うことになり、回復するために炎症を起こします。

しかし、ワキが頑張って皮膚を元通りにするよりも先に、またシェービングをするものですから、常に炎症が続いている状態となって、そのまま黒ずみの色素沈着が出来上がります。

この事態を解消するためにも、エンドレスな脇のムダ毛への対応を止めるためにも、残された手段は、レジーナクリニックに通うことです。

現在、全身脱毛のため人生初の脱毛サロンに通っています

私は30代ですが、私の周りの友達にもVIOは人気で、通っている方は多いです。

脇やひじ下ひざ下など人気箇所はすでに処理済みの方が多いのですが、生理の時に陰毛に血がつかないので衛生的だったり、匂いやムレが軽減されるとスポーツジムで噂になり、みんな通い出しています。

何より自分で処理しないため、水着や下着からはみ出す心配がないのが良いですね。
ただしすでに30代なので、サロンに行く際の匂いやムレなどは、かなり気を付けています。

他の箇所であれば問題ないかもしれませんが、脇もVIOも体の中で匂いが最も気になる箇所でもあるので、私は朝一番に予約を取り、朝からシャワーを浴びて出かけます。
相手も女性とはいえ、その辺りはエチケットかなと思いますね。

ウォシュレットがあれば、それを使うのも良いと思います。
ただ私が通っているサロンにはないので、私は休みの日にしか予約は取らないですね。

今は脇とVIOだけですが、サロンとの相性も良いし、秋や冬は、日焼けに気を使うことも少ないので、このまま続けて他の箇所もお願いしたいと思っています。
次はひじ下、ひざ下かな?

あなたも良いサロンに巡り合えることを祈っています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる